|  TOP  |    SHOP SPACE   |  GALLERY SPACE   |  INFORMATION  |    CONTACT   |




         千田 玲子展     1月26日(金)~1月30日(火)    11:30~18:00  最終日17:00まで













「 置かれた環境により形を変えながら美しく魅了する氷

 極寒での硬くて鋭い白から溶けていく時のしなやかな透明感まで

 その姿が好きです。

 寒さ厳しい頃と思いますが、お越しいただけたら幸いです。」千田玲子



インスピレーションはいつも自然からと言う千田さん。

氷点下の風景に魅せられ、透ける、そして融ける氷が自分の心情と重なり

この作品を生む意欲に繋がったそうです。

ガラスと陶のオブジェをはじめ、日常の器まで。

ご高覧頂けましたら幸いです。



※千田さん期間中在廊予定です。




※終了しました。ご来場ありがとうございました。





       土楽・福森道歩  賛助出品:森口信一(我谷盆)  3月01日(金)~3月10日(日)    6日(水)休廊  11:30~18:00  最終日17:00まで




食材の旨味をじっくりと引き出す土の鍋。

轆轤で挽き上げた頼もしい形と艶やかな飴釉に、食材が生き、料理が映えます。


そして土楽窯八代目当主、福森道歩さん。

土鍋料理の良さを伝えながら、陶芸家の道を着実に進み続けています。

父である福森雅武氏の器と、先人の遺した骨董が師だと言う道歩さん。

その作品は真っ当で生き生きと温かい。


土鍋を主に工房土楽のお品。そして陶芸家、道歩さんの作品をご覧ください。

そして今回は、道歩さんの作品を好む森口氏にご協力をいただき、

会場の空気を盛り上げます。


※道歩さん1日[金]2日[土]在廊予定です。



※終了しました。ご来場ありがとうございました。





       Banromsai(バーンロムサイ) ~タイの子どもたちの家から届くもの~
       4月21日(金)~4月25日(日)   11:30~18:00  最終日17:00まで












タイ国首都バンコクの北に位置するチェンマイ。

そこに日本人がはじめた子どもたちのための施設があります。

https://www.banromsai.jp/

できるだけ寄付に頼らず、

自立した運営を目指す活動のひとつとして始めた「ものづくり」。

肌触りが気持ち良い服、様々な日用品、アクセサリー、

伝統の刺繍を用いた小物など。

楽しく買って応援が出来たら・・・と思います。






※終了しました。ご来場ありがとうございました。





      ハーカンさんのキリム・絨毯・ラグ
        5月17日(金)~5月26日(日)    11:30~18:00  最終日17:00まで













       
裸足の足裏に伝わる心地よい感触。

畳で感じるような気持ちの良さは、身も心も寛ぎます。

敷物に適した羊毛を天然染料で染め分け、

一本一本みっちりと積み上げる。

古来からの手法で丹念に作られた敷物は使うほどに柔かく、

強く、色柄は味わいを増します。


日本にほんとうにいい敷物をと、ハーカンさんが初めて仙台に来てから13年。

時には過酷な自然を敬い、自然と共に歩む民族同士。

分かち合える特別な美意識と価値観があるような気がします。






☆絨毯やキリムの気になっていた汚れやクリーニングについて、
 お手持ちの敷物についてもご相談ください。




※ハーカンさん17日(金)から21日(火)  24日(金)から26日(日)在廊します。







      豊田 恭子展
        6月21日(金)~6月30日(日)  26日(水) 休廊  11:30~18:00  最終日17:00まで







豊田さんはこの磁器一筋に来ました。

滑らかに精製された上質な土を揺れるように成形し、

うすーい水色に焼成します。

やわらかにゆらめく優しい形と色。

そんなうつわはお茶、珈琲、お料理、果物の美しさを清々しく引き立てます。

盛るたびに小さく‘おっ’と嬉しい、そしてとても扱いやすい。

磁器の魅力を存分に感じていただけるうつわです。











      別府クラフトの竹仕事
        7月19日(金)~7月28日(日)  24日(水) 休廊  11:30~18:00  最終日17:00まで


















選ばれた竹を晒し、籠に合わせた竹ひごを仕立て、編む。

頬ずりしたくなるほどの滑らかな肌。

何十年も繰り返されたその仕事は

‘数十年もってあたりまえ’という職人の常識の上にあります。

その気高い志は知らずとも

仕上がった竹の仕事の美しいこと、強いこと、ありがたいこと。

日本人が日常に使う確かな竹籠を丹念につくり、渡す。

そうして始まった別府クラフト協同組合。

今、竹も職人もとても少なくなりました。

でもまだ手に取っていただけます。



制作数が少なくなっています。
本展示では展示された作品をご覧いただきご注文をいただく会です。
(※一部数のあるものはお買い上げ、お持ち帰りいただけます。)
仕上がりは籠の種類に依ります。

本展示での作品のお買い上げは現金でのお支払いに限らせていただきます。
ご了承ください。


















■2008年の展示   ■2009年の展示   ■2010年の展示   ■2011年の展示   ■2012年の展示   ■2013年の展示   
■2014年の展示   ■2015年の展示   ■2016年の展示   ■2017年の展示   ■2018年の展示   ■2019年の展示   
■2020年の展示   ■2021年の展示    ■2022年の展示    ■2023年の展示    ■2024年の展示    


※スケジュールは変更する場合があります。

Copyright (c) 2003-  杜間道 All Rights Reserved.