|  TOP  |    SHOP SPACE   |  GALLERY SPACE   |  INFORMATION  |    CONTACT   |




      千田 玲子 陶展   2月11日金曜日から15日火曜日 11:30~18:00 最終日17:00まで




















「泥漿(でいしょう)の自由さに魅力を感じます。

描きたい風景は、冬の厳しさと美しさ

包み込む春のやわらかさ

心に寄り添う雨・・・。」  千田玲子


陶器の印象を超えた焼肌

石や岩を思わせながらも、そこにあたたかさを感じるのは

千田さんの土と焼きに懸ける長い年月の取り組みがあってこそだと思います。

草木が生きる花器。緑映える茶碗、オブジェなど

最新の千田さんの作陶をご覧ください。




※千田さん期間中在廊予定です。




終了しました。ご来場ありがとうございました。









      艸田 正樹 ガラス展   3月18日 金曜日から3月27日 日曜日 11:30~18:00 水曜日休廊 最終日17:00まで




















艸田さんのガラスが‘きれい’なのには理由があって

手を入れずに重力が生み出す形は

素直で、流れるようで、水のようで。

それは私たちが美しいと思う山や木々、川の流れといった

自然の潔さととても似ている気がします。

出会いと想いを大切にする艸田さんだからこその作品は

私たちが皆、それぞれのならではを持っていることも伝えてくれます。

艸田さんのかけがえのないガラスです。


※艸田さん18日・19日期間中在廊予定です。

→地震により来仙在廊できなくなりました。残念です。



※19日土曜日夕方5時から、艸田さんのお話を聞く時間をつくりたいと思います。
 予約は不要です。十分に間隔を空けてお立ち下さい。
 感染状況を考慮し、中止することがあります。
→地震により来仙できなくなりました。お話し会中止です。残念です。



艸田正樹(くさだまさき) 石川県金沢市在住
1993年 名古屋大学大学院工学研究科博士課程前期課程土木工学専攻 修了
1993~ 株式会社三菱総合研究所 勤務
1997年~「架空庭園」を拠点に創作活動を静かに展開。
      まちづくりの分野から、ものづくりの現場に身を移し、自分自身にできることを改めて考え直すことにした。


→会場の様子です。春の雪解け、雨上がりの輝きを想う風景です。
 。ガラスとその陰をご覧ください。




☆艸田さんのこと、そして作品の一部をご覧いただけます。



終了しました。ご来場ありがとうございました。









 
     ワークショップ “みご手箒をつくろう” 4月16日(土) ・4月18日(月) 13:00から  









      新緑の常設画家展  4月22日(金)~5月05日(木)  ※27日(水)28日(木)休廊 11:30~18:00  最終日17:00まで



中西和





菊地實














仙台も春たけなわです。

定禅寺通りの欅がとりわけ美しいとき。

杜間道で常設している画家、中西和、菊地實の新作作品を中心に展示します。

感性を揺らすいい時間を。

お立ち寄りいただけば幸いです。



終了しました。ご来場ありがとうございました。









      ハーカンさんの キリム・絨毯・ラグ 
 5月20日(金)~5月29日(日)  ※25日(水)26日(木)休廊 11:30~18:00  最終日17:00まで
















あたたかくなって、裸足の足裏に伝わる心地よい感触。

天然染料で染められた羊毛を

古来から伝わる手法で丹念に織り上げられた敷物。

畳で味わうような気持ちのよさは、身も心も寛ぎます。

永く伴に暮らせる敷物は、使うほどにやわらかく、

色柄は味わいが増していきます。

敷物の本場、トルコのハーカンさんにお尋ねください。

自然と共に歩む民族同士だからこそ解る美意識と価値観があるように思います。







☆絨毯やキリムの気になっていた汚れやクリ
 ーニングについて、お手持ちの敷物につい
 てもご相談ください。



終了しました。ご来場ありがとうございました。









      RIPOSO -フジイユウト-  6月17日(金)~6月21日(火)  11:30~18:00  最終日17:00まで










「休日のリラックス感をイメージし、

自然素材の心地良さ、洋服の着心地の良さにこだわりつつ、

シンプルな中に少し遊びを含ませて

『ありそうでなかった』と感じてもらえるようなデザインを目指しています。

今回は夏物を中心に展示致します。ぜひ袖を通しにお越しください。」 フジイユウト 




※フジイ氏17日(金)18日(土)在廊予定です。



終了しました。ご来場ありがとうございました。












     ワークショップ “みご手箒をつくろう” 6月25日(土) 13:00から 









      別府クラフトの竹仕事     7月14日(金)~7月24日(日)  ※20日(水)21日(木)休廊 11:30~18:00  最終日17:00まで









特別に選ばれた良質な竹を

昔からの手法で晒し、一本一本美しい竹ひごに仕立てます。

数十年使えることをあたりまえとし、

その根拠ある形と編み方で美しい日常品を作ることが

別府クラフト協同組合の職人さんたちの信念です.


<写真>
毎日の朝ごはん道具を入れ、布巾をかければ、

こまごまとしたいつもの用意がやさしく整います。

様々な形の籠を思い思いににお使いください。

ふつうが気持ち良いことの贅沢を長く味わえます。。






※良質な竹、職人さんの数が年々少なくなっています。
 現品のみの作品、ご注文受付のみの作品など、
 従来のご希望にお応えできない場合があります。ご了承ください。


☆本展示の販売は現金のみのお取り扱いとなります。







■2008年の展示   ■2009年の展示   ■2010年の展示   ■2011年の展示   ■2012年の展示   ■2013年の展示   
■2014年の展示   ■2015年の展示   ■2016年の展示   ■2017年の展示   ■2018年の展示   ■2019年の展示   
■2020年の展示   ■2021年の展示    ■2022年の展示   


※スケジュールは変更する場合があります。

Copyright (c) 2003-  杜間道 All Rights Reserved.